スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動小銃

M1ガーランド半自動小銃AK-47アサルトライフル自動小銃(じどうしょうじゅう)とは、発射時の反動・ガス圧等を利用した機構により弾薬の装填・排莢が自動的に行われる小銃である。一般にはアサルトライフルなども含まれるが、場合によって区別することもある。現在の軍用小銃は、一部の狙撃銃を除き、ほとんどが広義の自動小銃である。引金を引くごとに一発ずつの発射となるセミオート射撃のみが可能な半自動小銃と、引金を引き続ける間は連続して発射されるフルオート射撃が可能な全自動小銃に分けられる。通常、全自動小銃はセミオート、フルオートの切り換え機能を有する。また軍での運用では、全自動小銃であってもセミオート射撃、または2~3発のバースト射撃(制限点射)を基本とする。英語ではsemi-automatic rifleまたはautoloading rifleに相当するが、特定の英語圏の国ではautomatic rifleは専門用語としてフルオート機能を持つ分隊支援火器あるいは軽機関銃を指す言葉と捉えられてしまう場合があるので注意が必要である。歴史第一次世界大戦頃までの小銃は主にボルトアクション方式のものであり、これは一発射撃する度に、ボルトを操作し、次弾装填を行う必要があった。1930年代に入ると各国で自動小銃の開発が本格化し、第二次世界大戦までに多くの自動小銃が実用化され、戦場へと投入された。ドイツではFG42やStG44等、先進的な製造方法、機構を持つ自動小銃などが開発されたが、技術とコストの問題から自動小銃が主力小銃として全部隊に配備された例はアメリカのM1ガーランドだけであった。戦後ソ連はSKSカービンと呼ばれる自動小銃を経て、AK-47アサルトライフルを軍の主力小銃として採用した。アサルトライフルはドイツのStG44に端を発する概念で、従来の自動小銃よりも軽量かつ比較的近距離での戦闘を想定したものであった。 一方、その他の国では自動小銃の運用を続け、アメリカではM1ガーランドを基にしたM14を採用していた。しかし、ベトナム戦争では、ごく至近距離での遭遇戦闘が頻発した。この戦争を通じて自動小銃に対するアサルトライフルの優位性が示され、アメリカのM16を始めとして他国でもアサルトライフルの採用が加速し、自動小銃は軍の主力小銃としての役目を終えていった。しかし、現在でも一部の自動小銃は狙撃

<訃報>岩渕とくさん89歳=岩渕徹・徳間書店社長の母(毎日新聞)
ロシア警備隊ヘリが銃撃か=操業中の漁船2隻に-国後島沖(時事通信)
大阪・鶴見のビデオ店に強盗(産経新聞)
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府(医療介護CBニュース)
<金元死刑囚>めぐみさんに「会った」と証言 日本政府に(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さはらきはちろうさん

Author:さはらきはちろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。