スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石 アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)

 岐阜県瑞浪市教育委員会は22日、市化石博物館の安藤佑介学芸員(27)が、北九州市の海岸の地層から約3000万年前のアナジャコ属(十脚目)の新種の化石を発見したと発表した。アナジャコ属の化石としてはアジアで最古になるという。安藤学芸員は海岸沖の「響灘(ひびきなだ)」にちなんで「ウポゲビア(アナジャコ)・ヒビキ」と名付け、今年1月18日付のニュージーランドの国際学術誌「Zootaxa(ズタクサ)」で報告した。

 08年9月と09年3月に北九州市の海岸にある漸新統芦屋層群(ぜんしんとうあしやそうぐん)(約3000万年前)を調査中、巣穴化石とともに発見した。同館の柄沢宏明学芸員(45)との共同研究。

 新種化石の大きさは縦約3センチ、横約1.5センチ。従来のアナジャコ属化石とは異なり、ハサミ脚の内側部分の上面に隆起線がある。これまでの日本最古の同属化石は瑞浪市の瑞浪層群(約1700万年前)で見つかった「ウポゲビア・ミズナミエンシス」だった。今回の発見は、アナジャコの進化の解明に向けて重要なデータとなるという。

 名古屋大大学院環境学研究科の氏原温准教授(古生物学)は「これまでに数多くの古生物学的な研究がされている芦屋層群から、世界の甲殻類研究者が注目する新種化石が発見されたのは驚くべきことだ」と話している。【小林哲夫】

 【ことば】アナジャコ属 すしネタのシャコとは異なる分類で世界中の干潟に生息している。巣穴化石は世界中で多数の報告例があるが、本体化石の報告は27例と少ない。日本では岐阜、岡山、鹿児島、埼玉、千葉、神奈川県の新第三紀中新世(約1700万年前以降)の地層から6例の発見報告がある。

【関連ニュース】
雑記帳:高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬
南ア猿人化石:男児が遊んでいる最中に偶然、発見
<動画>世界自然・野生生物映像祭の受賞作
雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元
新種鳥化石:地上走り回る ゴビ砂漠で発見

「党で何らかの判断」=小沢氏「起訴相当」で=鳩山首相(時事通信)
共同通信職員を傷害容疑で逮捕 駅員に暴行(産経新聞)
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に-札幌地裁(時事通信)
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示(産経新聞)
舛添氏、大阪特区構想を掲げる「道州制を目指したい」(産経新聞)
スポンサーサイト

がん治療を続け、働くコツを考えるセミナーを5月に開催(医療介護CBニュース)

 がん患者の就労について考えるCSRプロジェクトは5月1日、東京都渋谷区のSPAZIO2で、セミナー「がんと一緒に働こう!~治療を続けながら働くコツ~」を開催する。

 CSRプロジェクトは、NPO法人のHOPEプロジェクトとキャンサーネットジャパンによる、がん罹患と就労問題の解決を目指す取り組み。
 セミナーでは、CSRプロジェクトの桜井なおみ代表が「CSRプロジェクトとは」のテーマで、また神戸大大学院経営学研究科の大学院生の瓜生原葉子さんが「働き続けられる社会に向けて」のテーマで、それぞれ基調講演を行う。さらに、財団法人日本対がん協会の関原健夫常務理事が「働き盛りのがん」と題して特別講演を行う。
 このほか、桜井氏が司会を務める「働き世代のがんを考える」をテーマにしたディスカッションのパネリストとして、獨協医科大公衆衛生学講座の高橋都准教授やHOPEプロジェクトの近藤明美理事、クレディセゾン人事部の武田雅子部長らが登壇する。


【関連記事】
「がん相談ホットライン」日曜も実施へ-日本対がん協会
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件-「自傷行為止めるため」-大阪市(時事通信)
<男女共同参画>平等社会進まず 第1次計画から10年(毎日新聞)
警察署内のトイレで男性自殺未遂 栃木(産経新聞)
京阪電鉄 開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調(時事通信)

<「衆参同日選」論>「消費増税」「普天間」打開へ、リセットの誘惑(毎日新聞)

 与野党通して衆参同日選を巡る憶測がかまびすしくなっている。背景には米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題と、財政危機の深刻化で先送りが困難な消費税論議がある。政権中枢の仙谷由人国家戦略担当相が同日選の可能性に言及したのも、鳩山政権で越せそうにないハードルを一挙に越える起死回生策への誘惑にかられているためだ。【須藤孝】

 「日本は財政上大変厳しい。大命題が目の前にある」。16日に鳩山由紀夫首相の退陣と同日選の可能性に言及した仙谷氏は、同日選で問うテーマに消費税を挙げた。仙谷氏は13日にも「消費税を掲げて選挙をしなければ信頼のおける政権にならない」と語っている。

 菅直人副総理兼財務相も「増税しても使い道を間違わなければ景気はよくなる」と消費税の税率上げには理解を示す。6月中に政府が策定する「中期財政フレーム」でも明確な方向性は打ち出せず、年末の予算編成というハードルを越える見通しは立たないからだ。

 ただ、小沢一郎民主党幹事長は「半年で基本が変わるのは国民に理解されない」(12日)と述べ、鳩山首相も「私が政権を担っている間は(消費税増税を)しない」(3月13日)とし、現政権では消費税増税の封印は解けていない。そんな中、仙谷氏が消費税を軸に同日選を掲げたのは、こうした政策実行の制約を取り除きたいとの思いからとみられる。

 仙谷氏の狙いはそれだけではない。衆参同日選後に、民主、自民両党内の財政再建派が結集し、民主党のバラマキ政策を攻撃する与謝野馨元財務相ら新党グループも巻き込む政界再編を視野に入れているとの見方も取りざたされている。

 仙谷氏は持論の2大政党制について「1度の政権交代で定着するものではない」と漏らしたこともある。仙谷氏と距離があるとされる小沢氏は選挙前の消費税率引き上げ論議を封印しているが、小沢氏周辺は「小沢氏が最終的に目指しているのは憲法改正と消費税だ」と指摘し、仙谷氏と考えを共有する複雑な関係を説明する。

 一方、普天間問題は5月末に政府側が「決着」を演出したとしても、米国の同意も含めた「解決」は困難で、政権の求心力低下は避けられない。「顔」を代えて局面を転換し普天間問題をリセットするという誘惑も強まる。

 菅氏に近い民主党のベテラン参院議員は「民主党は自民党の民意を問わない政権たらい回しを批判してきた。首相を代えるなら同日選で信を問うべきだ」と語った。

【関連ニュース】
民主の大勢「やるわけない」 自民、小沢氏に戦々恐々

次世代車、10年後20~50%=国内販売で目標-経産省(時事通信)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
<児童買春容疑>警視庁委嘱の51歳補導員を逮捕(毎日新聞)
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)

平野官房長官「邦人被害は聞いていない」 中国地震(産経新聞)

 平野博文官房長官は14日の記者会見で、中国西部・青海省で発生した地震について「邦人の被害があったとの情報には接していない」と述べた。

 平野氏は、中国側から「緊急支援の必要性はない」との連絡があったことを説明した上で、「今後の状況によっては可能な限り支援することは惜しまない」と述べ、外務省に支援準備を命じていることを明らかにした。

【関連記事】
「あっという間」の大惨事 平穏な早朝襲う 中国地震
死者300人、負傷者8000人 被害さらに拡大も 中国地震
中国西部で地震M7・1、67人死亡負傷者多数
ソロモン諸島でM7・1の地震
チリ大地震の死者は486人に 内務省が修正
外国人地方参政権問題に一石

髄液減少症、検査は保険対象=治療法は2年後適用目指す-厚労省(時事通信)
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官(時事通信)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に-報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で-大阪地裁(時事通信)

飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)

 東京タワーや六本木ヒルズ、建設中の東京スカイツリーなど、東京の名所上空を世界最大の飛行船で巡る遊覧クルーズが10日、誕生した。

 運航するのは日本飛行船(東京都中央区)で、ジャンボ機に匹敵する長さ約75メートルのドイツ製飛行船「ツェッペリンNT」を使い、高度約600メートルを時速約65キロで飛ぶ。

 初フライトは招待客を乗せ、午後4時過ぎ、中央区の晴海ふ頭を出発。ふわりと浮き上がった飛行船は、ゆっくりと上昇し、約40分かけてコースを周遊した。機内は離着陸時を除いて立ち歩くことができ、小窓も開く。上空から見た上野公園は、まだ桜の花が残り大勢の人たちが花見をしている様子が見えた。乗客の西東京市、会社員、川崎純夫さん(52)は「静かでゆったりと風景を楽しめた」と満足そうだった。

 昼間飛行の料金は1人6万3000円、夜間は6万8000円。問い合わせは同社(0120・680004)まで。【野口由紀】

【関連ニュース】
東京スカイツリー:全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い
花見:スカイツリーの下で 東京の新名所に
東京スカイツリー:東京タワー抜く 高さ338メートルに
東武ワールドスクウェア:ミニでものっぽ「スカイツリー」
余録:スカイツリー人気

郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡-米、EU大使(時事通信)
万引で陸自隊員停職(産経新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
コンビニ侵入に失敗の後、路上強盗を自作自演(産経新聞)

B型肝炎訴訟、「具体的な話できる段階でない」―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は4月6日の閣議後の記者会見で、全国B型肝炎訴訟原告団の面談要求に応じなかった理由について、「総理大臣はじめ関係閣僚が今、議論や詳細な検討をしているさなかで、まだ具体的なお話ができる段階ではない」と述べた。その上で、和解協議の場につくか否かの検討結果を裁判所に示す次回期日までには対応を明らかにすると強調した。

 同訴訟では、集団予防接種での注射針の使い回しなどが原因でB型肝炎に感染したとして、患者や遺族が国を相手取って提訴。これまでに札幌、福岡の2地裁が和解を勧告しており、次回期日はいずれも5月中旬となっている。
 原告団は早急に和解に向けた交渉に入るため、鳩山由紀夫首相や長妻厚労相ら6大臣に面談を要求。5日までの回答を求めていたが、いずれも実現しなかった。

 長妻厚労相は、「B型肝炎の方とは議員立法の時にもお会いし、野党時代もお話を伺っている。それを踏まえて議論、検討している」と述べ、現段階では「責任あるお話ができない」とした。


【関連記事】
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に
和解勧告受け「一日も早い実現を」-全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団

逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害-警視庁(時事通信)
拳銃と覚醒剤隠し持つ 銃刀法違反容疑などで男を逮捕(産経新聞)
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)
行政刷新会議 茂木議員が18公益法人で役員(毎日新聞)
<蘭越母子殺傷>被告に無期懲役の判決 札幌地裁(毎日新聞)

中井氏の「女性問題報道」 賛否含め侃々諤々の中身(J-CASTニュース)

 中井洽国家公安委員長の「女性スキャンダル」報道に対し、治安を守る立場上危機管理が欠落しているとし、責任を取り辞任すべきだとの声が噴出している。一方、法的に問題がないのなら、「他人の恋路に口を出すべきでない」と擁護する人もいて、侃々諤々の大騒ぎになっている。

■「自分を律し、倫理観を一番求められるポジション」

 今回の問題は「週刊新潮」が報じたもので、中井委員長は2010年3月14日に東京・赤坂の路上でキスを交わしているとも見える写真も撮られている。治安トップにもかかわらず、SPを付けていなかった点や、議員宿舎のカードキーを女性に貸していることに対して批判が寄せられている。これに対し中井委員長は「妻とは12年前に死別していて自分は独身。問題もないし、法律に触れることは何もしていない」と反論。女性との付き合いは6年になり、一週間に一度部屋の掃除をしてもらっていた、と明かした。

 この報道をきっかけに、野党からの責任追及が活発化し、辞任要求の声まで上がった。例えば、自民党の小泉進次郎衆院議員は、国家機密を扱う立場にあるのに危機管理の意識が足りない、とし、

  「宿舎に部外者が入っていることが事実であれば、機密をみてしまう可能性がある」

と非難。3月26日放送のテレビ朝日系「スーパーモーニング」では、ジャーナリストの大谷昭宏さんが、

  「立場上、危機管理は一般の人とは違うものを持っていなければならない。即刻更迭すべきだ」

と怒りを露わにした。同じ番組に出演した木場弘子千葉大特命教授も、

  「委員長は法律に触れることはしていないと言うが、自分を律し、倫理観を一番求められるポジションだ。内閣は緩んでいると言う印象だ」

と切り捨てた。

 しかし、「騒ぎすぎだ」という声もある。日本テレビ系「スッキリ!! 」に出演したテリー伊藤さんは今回の問題について感想を求められると、

  「6年も前から付き合っている女性だからいいんじゃないですか?路上でキスしているからって、麻薬売買しているワケじゃないし、普通じゃないですか?」

とそっけない返事。これに対し、八代英輝弁護士が「こうしたスキャンダルは恥ずかしいことであり、海外からも嘲笑される。しかも国会開催中のことであり危機意識が足りないのは明白だ」と反論すると、

  「自分は愛人がいないからと言って、羨ましがる必要ないじゃない」

と作家・漫画家のさかもと未明さんに切り返された。

■みずほ銀行の斎藤スキャンダルとは事情が違う

 楽天証券経済研究所の山崎元さんは、中井委員長の一連の行為は「許してもいいんじゃないですか」という立場だ。

 女性スキャンダルで思い出すのが08年7月に写真週刊誌「フライデー」が掲載したみずほコーポレート銀行の斎藤宏元頭取。斉藤氏には妻がいて不倫。また、相手の女性は斎藤氏が社外監査役を務めるテレビ東京の記者。この場合、不倫であることはもちろん悪だが、相手が記者だから、マスコミ1社だけに企業情報が漏れるという問題も出てくる。

 中井委員長の「路チュー」写真掲載は「かっこ悪いこと。見つかったアンタがアホ。ガードを固めるべきだった」。しかし、相手の女性が他国のスパイなど、危険人物でないならば、委員長は独身だし今回の答弁も「おっしゃるとおり」だという。

 「新潮」に掲載された写真は、ハゲたオヤジが神妙な顔をして目をつぶり、若い女性とキスをしているように見える。嬉しくてはしゃいでいるようで「かわいいじゃないか」と思ったそうだ。

 もっとも中井委員長本人は「人生で、路上で女性とキスしたことは一回もない」といい、写真はキスと見えるような角度で意図的に撮られたもの、と主張しているそうだ。


■関連記事
中井公安委員長の「路チュー」 地元では「やっぱり」の声 : 2010/03/25
中学校長が児童ポルノ集め? ファイル名に「ロリータ」「14歳」 : 2010/03/23
妻の「帰宅不満」爆発 「電話の1本くらい入れてよ」 : 2010/03/16
近畿以西で「妻にありがとうの家」 トヨタホーム : 2007/12/21
減給されたこと、妻に言えません : 2009/03/31

築地移転ストップも、民主が用地費削除案決定(読売新聞)
上げ馬神事は「動物虐待」? 急坂登らせ、腹たたく行為論争(産経新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
<高松塚古墳>保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)
足利事件再審 判決要旨(1)(産経新聞)
プロフィール

さはらきはちろうさん

Author:さはらきはちろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。