スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<囲碁>張栩が棋聖奪取 7冠制覇(毎日新聞)

 囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が25日から静岡県伊豆市で行われ、26日午後4時19分、247手で挑戦者の張栩十段(30)が山下敬吾棋聖(31)に白番1目半勝ちし、4勝1敗で奪取した。張は十段、王座、碁聖に初獲得の棋聖を加えて4冠となった。かつて本因坊、名人、天元も獲得しており、7大タイトルをすべて制したことになる。この“7冠グランドスラム”は、87年に当時31歳の趙治勲九段(二十五世本因坊治勲)が達成して以来、23年ぶり史上2人目。

 張は09年4月、現行の7大タイトルがそろって以来(77年~)、初の5冠同時制覇を達成した。09年10月に20歳の井山裕太八段(当時)に名人を奪われ、同12月には山下に天元を取られた。だが、初挑戦の棋聖戦では見事な打ち回しを見せ、同世代のライバルを圧倒。4連覇していた山下の名誉棋聖の資格獲得(5連覇か通算10期が条件)を阻止した。

 張は台湾出身。林海峯名誉天元門下で94年、プロ入りした。7大タイトル獲得数は歴代6位の計18期。

 将棋界にもタイトルが七つあり、それをすべて制したのは中原誠十六世名人(一つは竜王の前身の十段)、谷川浩司九段、羽生善治名人の3人。羽生は96年、7冠同時制覇の偉業を成し遂げた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
囲碁:小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
訃報:中山典之さん77歳=囲碁棋士
囲碁:謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目

「隠れ天下り」ポスト廃止へ=独法と特殊法人の嘱託職員-総務省(時事通信)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
<佛教大野球部>後輩に「金貸せ」から「当たり屋」まで指示(毎日新聞)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)
スポンサーサイト

シュワブ陸上案に反対=福島担当相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は26日午前の閣議後の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)に移設する案を検討していることについて「海をつぶさないという面はあるが、沖縄の人たちからすれば、国外・県外にしてほしいという思いと反する。内閣としては、その思いをしっかり重く受け止めるべきだ」と述べ、反対する考えを重ねて示した。
 一方、シュワブ陸上案を主張する国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は会見で、「うちが言っている案は、子どもが考えても落ち着く案だ。当たり前のことを言っている」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

<盗撮容疑>警視庁の巡査長を書類送検(毎日新聞)
<札幌国税局>業務依頼で源泉徴収ミス 「法人」と誤認(毎日新聞)
鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」(産経新聞)
<金属化合物>最も重い電子を持つ 京大グループ作成(毎日新聞)
愛知県警警部補を逮捕=事件被害者にわいせつ容疑(時事通信)

偽装認知で比人ホステスら逮捕=子供に日本国籍-兵庫県警(時事通信)

 虚偽の認知届を提出したなどとして、兵庫県警姫路署などは24日、電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で、兵庫県姫路市佃町、フィリピンパブ経営八木宣裕(58)、フィリピン国籍で同所のホステス、マリセル・カーリム・ドゥムラオ(30)、同市広畑区城山町の建設作業員、津山美雄(42)の3容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は、3人は共謀しマリセル容疑者が妊娠していた2008年12月、津山容疑者が父親だとする虚偽の認知届を姫路市役所に提出。男児が生まれた昨年1月、同市役所に出生届を提出し虚偽の記録をさせた疑い。
 同署は、男児に日本国籍を取得させ、養育を理由にマリセル容疑者が日本で働き続けられるようにする目的があったとみて詳しく調べている。 

【関連ニュース】
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる

民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」(産経新聞)
「政治とカネ響いた」 長崎知事選大敗で閣僚ら(産経新聞)
<ユキヒョウ>世界最高齢、パトラ死ぬ…名古屋・東山動物園(毎日新聞)
警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)
<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)

全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)

 全日本空輸は17日、3機のボンバルディア機の部品の一部の点検が規定の時期を過ぎていたため、同日に北海道内の6便を欠航し、18、19日に羽田-三宅島間の2便を欠航すると発表した。

 全日空によると、プロペラの角度を変えるための部品やオイルの配管は飛行時間が約1万5千時間を超えた場合、点検の必要があるが、超過したまま運行していたという。機体購入時に、機体を管理するコンピューターに点検時期を設定していなかったことが原因という。

【関連記事】
全日空2年後に羽田-岩国便 1日4往復、年30万~40万人
日航、マイル利用の予約期間拡大
全日空、労働時間延長を提案 路線拡大のビジネスチャンス狙う
JALとアメリカン、米当局に独禁法適用除外申請 数十億円増益へ
日航、時間的制約を優先 アメリカン航空との提携を継続へ

双子のシロクマ元気でね…札幌の動物園で送別会(読売新聞)
<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)
株券弁済計画は合意できず=黒い金には損出せない-債権譲渡で優遇か・トランス社(時事通信)
<無登録営業>FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕(毎日新聞)
大仁田氏落選も参院選でリベンジ みんなの党と連携も視野…長崎県知事選(スポーツ報知)

王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)

将棋の羽生善治王将(棋聖・名人・王座)に久保利明棋王が挑戦している第59期王将戦七番勝負第4局は、17日午前9時から島根県松江市の「ホテル一畑」で行われ、18日午後5時36分、74手までで後手の久保が勝ち、対戦成績を3勝1敗として初奪取にあと1勝とした。

 第5局は3月10、11の両日、和歌山県白浜町で行われる。

【関連記事】
「タイトル防衛で申告額減らさない!」将棋の矢内女王が確定申告
王将戦第3局 久保が勝ち2勝目
将棋界の遼だ!里見藤花、名人位獲得で2冠
将棋に女子高生名人 里見が「女流」奪取、2人目の10代2冠
王将戦第2局 羽生の勝利で1勝1敗

<寛仁さま>退院し宮邸へ(毎日新聞)
<普天間移設>名護市長、「シュワブ陸上拒否」(毎日新聞)
「メトトレキサート」添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)
<首都圏・雪>首都高新都心線で一部通行止め(毎日新聞)

絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)

 瀬川 康男氏(せがわ・やすお=絵本画家)18日午前10時8分、直腸がんのため長野県小布施町の病院で死去、77歳。愛知県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻朱々子(すずこ)さん。
 代表作の「ふしぎなたけのこ」(66年)は、67年の第1回ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)でグランプリを受賞。「いないいないばあ」(67年)は刊行以来400万部を超えるロングセラーとなっている。 

臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で(医療介護CBニュース)
もうすぐ見納め ボンネット型急行「能登」の雄姿(産経新聞)
<火災>住宅全焼 61歳女性が不明に 埼玉・毛呂山町(毎日新聞)
副大臣、首相指名の起用可能に=内閣人事局長、人選見直しも-政府(時事通信)
<首都圏・雪>日暮里・舎人ライナー、一時ストップ(毎日新聞)

クレーン車横転 6人死傷 操縦士ら書類送検へ 業過致死傷容疑(産経新聞)

 東京都千代田区麹町の工事現場で昨年4月、大型クレーン車が横転して歩行者ら6人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は18日、業務上過失致死傷の疑いで、30代のクレーン操縦士と現場責任者ら数人を近く書類送検する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。捜査1課は、クレーン車とつり上げる資材の距離を適正に取らなかったことが横転を招いたと判断した。

 捜査1課の調べでは、事故当時、穴に埋まっていた円筒形の資材「ケーシング」(約10・5トン)をクレーン車でつり上げ、別の穴に移し替える作業を行っていた。クレーン車は資材との距離が長くなるほど、つり上げ可能な「最大荷重」が減っていくことから、このケーシングを安全につり上げるためには約10メートルまで近づいて作業する必要があった。しかし、実際には14メートル離れていた。

 クレーン車自体には異常がなかったことから、捜査1課はクレーン車とケーシングの距離が離れすぎたため、クレーン車が重さに耐えられずにバランスを崩したことで横転したと断定した。捜査関係者によると、現場ではクレーン車とケーシングの距離を計測せず、操縦士の経験に基づく判断でクレーン車の作業位置を決めていたという。

 操縦士は事故直後の捜査1課の調べに、「クレーン車とケーシングが埋まっていた穴の間に残土が盛られていたこともあり、近づかずに作業した」と供述していた。

 事故は昨年4月14日に発生。ケーシングをつり上げる作業中にクレーン車が傾き、国道20号をふさぐように横転した。この事故で歩道を歩いていた武蔵野市吉祥寺北町の会社員、山本槙子さん=当時(62)=が工事現場の鉄製囲いの下敷きになり死亡したほか、5人が重軽傷を負った。

【関連:クレーン横転事故】
「ガシャーン」昼間のオフィス街騒然
「斜めにつり上げた」クレーン横転で製造元が禁じる操作
つり上げ途中に旋回か 直後にバランス崩す
5年前にもクレーン横転 工事請け負い会社
意識不明の女性死亡

外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要(産経新聞)
<自民党>「予算案」に消費税上げ明示せず(毎日新聞)
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷-岡山・山陽道(時事通信)
<バンクーバー五輪>「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
レアメタル権益獲得に政府が本腰 中国に対抗、政府出資も可能に(産経新聞)

自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置-茨城県警(時事通信)

 水戸市渡里町の無職木村はるさん(73)が自宅で死亡した状態で見つかった事件で、茨城県警捜査1課は15日、殺人事件と断定し、水戸署に捜査本部を設置した。木村さん宅には侵入や物色された跡はなかったが、被害者以外の何者かがいた形跡があるという。
 捜査本部によると、死因は窒息死。目立った外傷はなく、着衣にも乱れはなかった。11日午前8時ごろ、木村さん宅を訪れた次女(38)が、居間のこたつで木村さんが死亡しているのを発見した。次女は9日午後、木村さんと会っていたが、10日以降、連絡が取れなくなったという。 

【関連ニュース】
被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか
男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部
女性配達員殺される=首に絞められた跡
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査

奈良・山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 塚本容疑者供述 手術隠蔽意図か(産経新聞)
<名古屋市>民主党市議団、事業仕分け条例案提出へ(毎日新聞)
北海道教組の資金、小林氏陣営が別口座で管理(読売新聞)
ノーベル平和賞 マータイさん、知恩院に桜の木贈る(産経新聞)
平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)

<万歳三唱>「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定(毎日新聞)

 万歳三唱に作法はある? 政府は12日の閣議で、万歳三唱の所作について「公式に定められたものがあるとは承知していない」との答弁書を決定した。自民党の木村太郎衆院議員が質問主意書で、鳩山由紀夫首相の万歳三唱が「手のひらを(正面に)向け、両腕も真っすぐに伸ばさず、降参を意味するようなジェスチャーに見えた」と批判したのに答えた。

 木村氏がかみついたのは、昨年11月の「天皇陛下御在位20年記念式典」で、鳩山首相が音頭を取った万歳三唱。質問主意書で「正式な万歳とは違うように見受けられた。首相は万歳の仕方を身につけておくべきだ」と批判した。式典中、菅直人副総理兼財務相と松野頼久官房副長官が「居眠りしていた」ともただしたが、答弁書は「政府の参列者は、御在位20年を慶祝する気持ちで臨んだ」とかわした。【坂口裕彦】

首相動静(2月12日)(時事通信)
<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
<血栓薬「t-PA」>組織再生効果を確認 東大チーム(毎日新聞)
「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談-稲嶺名護市長(時事通信)
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税-東京地裁(時事通信)

小沢幹事長 「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の私塾で、今年で10年目を迎える「小沢一郎政治塾」の冬季集中講義が10日、東京都内で始まった。同塾は各界の指導者育成を目的に01年に設立されて以来、年2回の講義を行っている。

 10日の講義には約60人が参加した。開講式には塾長の小沢氏が出席し、「どういう分野に進むにしても、政治とまったく別個の世界で生きていくことは実態として不可能だ。ぜひそういう意識を前提に持って勉強してほしい」とあいさつした。

 講義は13日まで連続4日間開かれ、最終日には小沢氏の講演がある。

【関連ニュース】
衆院予算委:鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
鳩山首相:小沢氏幹事長続投「頑張って」と言っていない
小沢氏資産:不透明さ浮き彫り 陸山会から再取得
小沢幹事長:5月訪米を前向きに検討

「約束違反」批判の的 マニフェスト重荷? 財源不足…答弁あいまい(産経新聞)
失業保険の給付期間2倍に=元派遣社員の請求認める-労働保険審査会(時事通信)
男児暴行死の父、強盗に関与か=静岡の事件で逮捕状-県警(時事通信)
首相動静(2月16日)(時事通信)
女流棋士ら講師に「ふれあい将棋教室」 世田谷区(産経新聞)

<殺人>石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)

 早朝の民家に若い男女の悲鳴が響いた。宮城県石巻市で10日、3人が刺された死傷事件。刺したのはこの家に住む女性の知人の少年(18)とみられ、次々と切りつけたうえ、1人を連れ去り逃走した。静かな港町の住宅街で起きた凶行に衝撃が広がった。

 県警などによると、この民家には亡くなった南部美沙さん(20)と、連れ去られた妹(18)や母、祖母ら女性ばかり5人暮らし。近くの主婦(75)は「あまり近所づきあいはない家族だった」。また「妹は去年暮れに赤ちゃんを産んだ」(近所の主婦)といい、妹は話を聞かれると「女の子です」とうれしそうに話したという。

 この近所の人たちは午前7時より少し前、救急車のサイレンで異変に気付いた。布団の中でその音を聞いた主婦はとっさに「南部さんの所かな」と思ったが、「おばあさんが調子が悪くて、前にも救急車を呼んだことがあった。でも、事件とは思わなかった」。

 前夜の出来事を、事件の予兆のように証言する主婦もいた。「何かトラブルがあったようで、午後7時半ごろにも警察が来ていたようだ。まさかこんな近くで事件が起きるとは恐ろしい」と声をふるわせた。また、南部さん方には複数の若い男性が連れ立って訪れているのをよく見た、という証言もある。「車を置いてもいいですか」と礼儀正しく声をかけられたこともあった。

 この日は午前9時半から南部さん方の向かいの集会所で地元老人会と小学生の交流会が予定されていたが、急きょ中止。老人会役員の男性は「びっくりした。地域の交流があまりないところだから詳しいことは分からない」と驚いた様子だった。

 犯人が捕まっておらず、近隣住民は厳重に戸締まりをしており、ある主婦は「犯人が捕まらなくて心配」と困惑した様子で話した。

<マイケル財団>日本企業を提訴 肖像権使用問題(毎日新聞)
1億2千万円被害 振り込め詐欺「出し子」写真公開 (産経新聞)
足利事件 論告わずか1分 菅家さん「物足りない」(毎日新聞)
エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?(産経新聞)
雑記帳 下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)

<現代詩>中原中也賞 札幌の18歳女子高校生が受賞(毎日新聞)

 現代詩人の登竜門、第15回中原中也賞(山口市主催)の選考会が13日あり、札幌市の公立高校3年、文月悠光(ふづき・ゆみ)さん(18)=ペンネーム=の詩集「適切な世界の適切ならざる私」(思潮社刊)が選ばれた。女性の受賞者では最年少となる。

 受賞作は文月さんの初の詩集。若く敏感な感覚で、学校や家庭生活での出来事を率直な言葉で表現し「詩のやわらかく伸びやかな姿」が評価された。

 文月さんは「14歳から17歳の間に書かれた痛々しくも、いとおしい24編。ひとつひとつと向き合って重なり合う声たちを紙から、ひとひらずつ剥(は)がしていきました。雪にうずもれた札幌の街がまぶしい、そんな卒業の季節。支えてくださったみなさまに心よりお礼を申し上げます」とコメントした。

 山口市は中也の出身地。全国から公募・推薦計170点の応募があり、最終選考に残った7点を作家の高橋源一郎さんら6人の選考委員が審査した。高橋さんは「作者は文月さん自身がこの世に送り込んだ『アバター』(分身)。アバターが感受する世界を記述しているようだ」と講評した。

【関連ニュース】
高見順賞:岡井隆さんと岸田将幸さんに
高見順賞:岡井さんと岸田さんに

県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か-兵庫県警(時事通信)
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁(産経新聞)
過去最高の死刑容認、重く受け止めると法相(読売新聞)
夫の連れ子を虐待死?傷害容疑で26歳母親逮捕(読売新聞)
首相動静(2月9日)(時事通信)

バンクーバー五輪 「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)

 【バンクーバー大前仁】開会式会場のBCプレースは開催国カナダのナショナルカラー「赤と白」で埋まった。観客はカナダの国技といえるアイスホッケー代表チームのジャージーを着込み、国旗をマントのように羽織り、顔に赤と白のペイントを塗り、「ゴー、カナダ!」と口にして、待ちに待った開幕の瞬間を迎えた。「(03年に開催都市に選ばれてから)7年間、この日を待ち続けた。これまでBCプレースには何十回と足を運んだが、こんなに特別な雰囲気は味わったことはない」--。同地出身のマット・バードさん(25)は高まる感情を抑えきれない様子だった。

 カナダ西部の街、カルガリーの市職員、アン・バーグさん(55)は2週間の休暇を取り、夫や両親と五輪を生観戦に来た。開会式のチケット代は1人175カナダドル(約1万5000円)だが、「五輪観戦は生涯でまれな経験。全然高いと思わない」。カナダはこれまで76年夏季のモントリオール、88年冬季のカルガリーを開催してきたが、アンさんは直接観戦ができなかっただけに「やっとこの日が訪れた」と話し、周囲の人に抱きついてみせた。

 バンクーバーは欧州系の住民のほか、中国系、インド系、東南アジア系など多くの民族が住む「移民の都市」。現在では少数系民族の人口が欧州系(白人)を上回るといわれている。BCプレース内の観客案内係のボランティア女性は35年前にフィリピンから移民した。「私の母国はカナダ。五輪を開催することを誇りに思っている」と口にした。

【関連ニュース】
五輪リュージュ死亡:そり競技で災難 最高時速160キロ
バンクーバー五輪:開幕 美と技82カ国・地域2500人
バンクーバー五輪:今大会初ドーピング違反
バンクーバー五輪:開幕まで「0」日
バンクーバー五輪:薬物陽性の30人、選手名など明言せず

5日から「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる(産経新聞)
<傷害>長女に暴行、死亡…容疑の母を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
普天間返還問題「完全履行は不明」 防衛相(産経新聞)
衝突 国道で2台 軽の3人重体 秋田(毎日新聞)
<陸自幹部発言>「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ(毎日新聞)

<殺人時効>廃止答申へ 今国会にも刑訴法改正案(毎日新聞)

 法相の諮問機関・法制審議会の刑事法部会は8日、殺人罪の公訴時効を廃止し、傷害致死罪など殺人以外で人を死亡させた罪の時効期間を倍に延長する要綱骨子案を、賛成多数で決定した。法制審は今月下旬にも開かれる総会を経て、千葉景子法相に答申する。政府は今国会に刑事訴訟法改正案を提出する方針で、成立すれば今夏以降に新制度が適用される。

 新制度は、過去に発生した事件でも時効が完成していなければ適用対象となる。今国会で成立すれば、殺人事件の場合、95年夏以降に発生した未解決事件は時効が廃止される。八王子市スーパー強盗殺人事件(95年7月)や東京都葛飾区の上智大生殺害事件(96年9月)は未解決のままなら廃止対象となる。

 要綱骨子案は、人を死亡させた犯罪のうち、殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪を、現行の25年から廃止とした。刑法6罪、特別法6罪の計12罪が対象。また、強制わいせつ致死など上限が無期懲役刑の場合は30年(現行15年)▽傷害致死や危険運転致死など上限が懲役20年の場合は20年(同10年)▽自動車運転過失致死や業務上過失致死などその他の懲役・禁固刑は10年(同5年)に延長するとした。

 千葉法相は09年10月、方向性を白紙としたまま法制審に諮問。審議した刑事法部会は初会合から3カ月、8回の審議で結論に達した。森英介前法相が自公政権時代の同7月にまとめた案は、殺人で廃止などとする内容で、ほぼこれに沿った結果となった。

 05年の刑訴法改正で、殺人罪の公訴時効を15年から25年に延長するなどの時効制度見直しが行われたが、今国会で成立すれば、わずか5年で再び制度改正されることになる。【石川淳一】

【関連ニュース】
内閣府世論調査:殺人の時効 25年は「短い」が過半数に
時効見直し:結論持ち越し 法制審部会
時効廃止:中井国家公安委員長 支持する意向を表明
法務省:公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用
元看護師殺人未遂:時効前、遺留品から50歳代の男浮上

雑記帳 人気の金色オブジェ「天使のうんこ」 京都に登場(毎日新聞)
iPodで盗撮、堺市職員を現行犯逮捕(産経新聞)
虐待死の男児、昨年10月入院=頭にけが、問題発覚後-東京・江戸川の事件(時事通信)
下関市で「ふくの日」祈願祭(産経新聞)
司法過疎地で相談千件、29歳弁護士奮闘(読売新聞)

<福岡県汚職>前町村会局長も贈賄容疑で逮捕(毎日新聞)

 福岡県の後期高齢者医療制度を巡る汚職事件で、県警は4日、新たに前同県町村会事務局長、笹渕正三容疑者(80)=同県小郡市二森=を贈賄容疑で逮捕した。県警は、福岡県添田町長で県町村会長の山本文男容疑者(84)が、前副知事の中島孝之容疑者(67)に100万円を贈ったとされる県庁の副知事室での受け渡しに同席していたとみているが、笹渕容疑者は容疑を否認しているという。同事件の逮捕者は3人目。

【関連ニュース】
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
福岡県汚職:副知事室で100万円授受
福岡副知事:中島氏が辞表提出へ 裏金接待疑惑
福岡県:副知事が辞任へ…裏金接待疑惑「道義的責任取る」
福岡県町村会:「裏金で副知事接待」と逮捕職員が供述

<覚せい剤>病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<うそ>警察に「強盗被害」、妻には「サッカー協会に転職」(毎日新聞)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
<龍谷大>日本史で入試ミス 受験者全員を正答扱い(毎日新聞)
<外交機密費>上納の慣行、政府が認める 答弁書を決定(毎日新聞)

石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)

 ■社民・福島党首「決議前の判断 期待する」

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で起訴された同党衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告の進退が、国会攻防の焦点になるとともに、民主党そのものの今後を左右する重要な問題となってきた。野党側は議員辞職勧告決議案を提出したが民主党は審議未了廃案をねらっている。ただ、石川被告をかばい続ければ世論の民主党への批判が強まりかねない。民主党では石川被告を離党させて早期決着を図るべきだとの声も急速に広まりつつある。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は5日の衆院予算委で「(石川被告の)道義的、政治的責任は重い。議員辞職勧告決議の前に進退を判断することを期待する」と強調した。

 また、鳩山由紀夫首相は「まずは本人が政治家としての意思をどう示すかだ。党としての処分もその時考える」と述べた。小沢氏ら党幹部が一斉に「(石川被告は事件で)議員の職責に関連して責任を問われているわけではない」と言い出していることに遠慮しながら、微妙な言い回しで議員辞職の可能性に言及した形だ。

 小沢氏は4日夜、記者団に「石川(被告)は国会議員の職責に関連して責任を問われているのではない。(事件は)議員になる前、私の事務所にいたときのことで、起訴内容も収支報告書の形式的な点について責任が問われている」と強調した。側近の山岡賢次国対委員長も5日、国対の会合で、辞職勧告決議案の扱いについて「決議案の事項に該当する問題は秘書の時の問題で、国会議員としての事項ではない。審議するに当たらない」と表明した。

 この論法に従えば、「議員になる前」なら、選挙違反などのその他の犯罪にかかわっても、議員辞職の必要はない-ということになってしまう。

 それでも、小沢氏らがこうした発言を繰り返す背景には、石川被告の進退問題をうやむやにすることで、石川被告らを秘書としていた小沢氏の「監督責任」論が強まるのを食い止める狙いがある。

 石川被告が議員辞職すれば小沢氏の責任問題に飛び火しかねず、辞職しなければ世論の批判を浴びかねない。この難問を解決する手段として、小沢グループなどからは「石川に辞職はさせず、離党で収拾したい」との声も上がり始めた。離党でけじめをつけさせると同時に、石川被告を民主党と無関係の立場に置くことで、これ以上の議論の発展を抑えようというわけだ。

 一方、民主党幹部の辞職勧告決議案つぶしの言動に野党は反発している。

 自民党の大島理森幹事長は5日、山岡氏の発言を取り上げ、「民主党の倫理観なるものがそこにあらわれている」と批判した。みんなの党の渡辺喜美代表も「(石川被告は)潔く辞めてはどうか。民主党が潔さは必要ないと考えるならそれでもいいが」と皮肉った。

【関連記事】
石川被告はさばさば「国会議員執着ない」「考え甘かったかな」
石川被告らの政治資金規正法違反は「実質犯」 動機は悪質
側近に圧力「小沢が倒れたら鳩山も終わり」
特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグでリベンジへ
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ

田村氏、民主入党を受諾(時事通信)
<日航機>羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」(毎日新聞)
野口聡一さん 鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)

「道歩くと前後から襲われそう…」アキバ事件、トラウマに(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(5)11:40~11:55

 《犯行を間近で目撃した男性に対する検察側の証人尋問が続く。法廷内の大型モニターには事件現場の地図が表示されたままだ。検察官は、加藤智大(ともひろ)被告(27)に突き飛ばされるように見えたという(D)さんについての質問を終えると、次に、自分の周囲でほかにどんなことが起きていたか、詳しい状況説明を求めた》

  [図解]秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 検察官「(D)さんが倒れた以外に、自分の周囲で変わったことはありましたか」

 証人「自分の真正面に女性の方がいました」

 検察官「どんな状態でしたか」

 証人「正座を崩した状態で座っていました」

 検察官「道に座り込んでいたということですね?」

 証人「はい」

 検察官「トラックが通り過ぎる前からですか」

 証人「いいえ」

 検察官「後で?」

 証人「はい」

 検察官「女性がいた場所を地図に書き加えてください」

 《検察官に促され、地図上に(E)と書き込む。証人のすぐ目の前だ》

 検察官「ちょうどマクドナルドの前ということですね?」

 証人「はい」

 検察官「その後どうしましたか」

 証人「気分が悪くなったので、友人に『帰ろう』と言って帰りました」

 検察官「あなたはすべてを○印の位置から目撃したということですね?」

 証人「はい」

 検察官「どんな気持ちになりましたか」

 証人「今まで気にしてなかったことですが、この事件をきっかけに道を歩いていると、前後から襲われるのではないかと気にするようになりました」

 検察官「生活にも影響があったということですね」

 証人「はい」

 検察官「写真を示します。この写真の中央で倒れているのが(A)さんですが、トラックに巻き込まれた人と同じ人ですか」

 証人「同じ人です」

 《トラックの助手席側で跳ね飛ばされたという(A)さんの写真を示す検察官。事故現場の写真のようだが、被害者に配慮し、大型モニターには映し出されていない。続いて検察官は別の写真をモニターに表示し、そこに映っている被害者を(F)さんとした》

 検察官「もう一つ、右上に『12時33分10秒』と書かれている写真を示します。このリュックを背負った男性を(F)さんとしますが、この人は男に突き飛ばされた人と比べてどうですか」

 《検察官は、地図と写真で(D)とした人物と、今見せた写真で(F)とした人物が、同一人物であるかどうかを尋ねているようだ》

 証人「同じ人だと思います」

 検察官「なぜそう思いますか」

 証人「リュックを背負っていることと、髪形が同じです」

 検察官「私からの質問は以上です」

 《ここで検察官の証人尋問が終了。村山浩昭裁判長が「続いて弁護人の反対尋問どうぞ」と促すと、男性弁護人が立ち上がり、証人への質問を開始する。感情を出さず、淡々とした口調だ》

 弁護人「(目撃した)○印まではどのように行きましたか」

 証人「東の方から西に歩いてきました」

 弁護人「友人と一緒に?」

 証人「はい」

 弁護人「目撃したとき友人はどこにいましたか」

 証人「自分よりもマクドナルド側にいました」

 弁護人「『ガシャン』という音を聞いたということですがそのときは何をしていましたか」

 証人「友人の方を向いて話をしていました」

 弁護人「そして音を聞いて道の方を見たということですね?」

 証人「はい」

 弁護人「『ガシャン』という音は1回ですか」

 証人「はい」

 弁護人「跳ねられた人がトラックのどの部分に当たったかは見ましたか」

 証人「自分は人が飛んでいるところからしか見てません」

 《弁護人は、証人の記憶や説明のあいまいな部分を浮き彫りにしたい様子だ。引き続き、証人が説明しきれない細かな部分を追及するような質問が続く》

 弁護人「交差点は全体を見渡せる場所ですか」

 証人「1台車が止まっていましたが、見渡せます」

 弁護人「跳ねられた人が影のように見えたということですが、服装は?」

 証人「分かりません」

 弁護人「トラックがバウンドしたということですが、何回くらいバウンドしましたか」

 証人「1回です」

 弁護人「突き飛ばされる人を見たということですが、そのとき交差点の歩行者はどのくらいいましたか」

 証人「よく分かりません」

 弁護人「トラックから出てきた人の周りでよろめく人とかいましたか」

 証人「見ていません」

 弁護人「後から事件を知ったと思うのですが、見た時は何が起きていたと思いましたか」

 証人「交通事故が起きたと思いました」

 弁護人「出てきた人は何をしているようでしたか」

 証人「跳ねた人を救いに行っているのかと思いました」

 弁護人「私からは以上です」

 《弁護人が質問を終えると、別の男性弁護人が小さく一礼して尋問を開始する》

 弁護人「トラックが止まった場所ですが、ブレーキをかけてすぐ止まりましたか」

 証人「はい」

 弁護人「止まってからドアが開くまで30秒くらいだったということですね?」

 証人「はい」

 弁護人「警察には2分と説明していたようですが?」

 証人「はい、そのときはあっという間だったので、長く感じました。でも今考えると30秒くらいだと思います」

 弁護人「ドアは開いたままでしたか?」

 証人「開けっぱなしだった気がします」

 弁護人「出てきた人はふらふら走ってきたということですね?」

 証人「まっすぐでなく、左右に揺れながら走ってきた気がします」

 《証人の言葉からも、事件が一瞬のうちに起き、すぐ側にいても、事態が分からないままに進んでいった様子がうかがえる》

 =(6)に続く

【関連:法廷ライブ】
(6完)「どこに?」「どこですか?」弁護人、位置関係を追及 秋葉原17人殺傷 第3回公判
(4)「フラフラでジグザグのように…」加藤被告、トラック降りて走る 秋葉原17人殺傷 第3回公判
加藤被告が謝罪 秋葉原殺傷 初公判
あたりは血の海…秋葉原殺傷 第2回公判
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

消防局職員、痴漢で現行犯逮捕=後つけ、背後から触る-大阪(時事通信)
「人がトラックにひかれ転がり…」衝立越しで語られる生々しい証言(産経新聞)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)
外国人参政権の「不適切」出題 大学入試センターの対応めぐる批判の底流(産経新聞)
労働安全衛生法違反容疑で2業者書類送検(産経新聞)

鳩山首相「分からない」 小沢氏の道義的責任の有無(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日夜、不起訴の公算が大きくなった民主党の小沢一郎幹事長の道義的責任の有無について、「それは分からない。冷静に状況をみるしかない」と明言を避けた。

 幹事長続投についても「今そういった人事を考えているわけでない。この時点で幹事長は幹事長として、仕事をやってもらいたいと思っている」と述べるにとどまった。首相官邸で記者団の質問に答えた。

すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収-木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)
ゼネコントップ聴取 胆沢ダム受注時の社長ら(産経新聞)
美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)
自社のベビーカーなど260点運び出す 窃盗容疑で会社員逮捕(産経新聞)
<千葉県警>不正5億7000万円に 6年間で(毎日新聞)

集まったけど…善意か悪魔か「ハイチに千羽鶴」運動、ネットで炎上(産経新聞)

 ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を贈るという善意の運動を大阪府在住の女性(21)がインターネット上で呼びかけたところ、「鶴は現地では『悪魔の使者』とされ、贈るのは嫌がらせ」「折り紙を買う前に募金した方がいい」といった批判が相次ぎ、女性のサイトが閉鎖される事態となっている。ハイチの支援関係者は「現地の実情では折り鶴を贈るのは難しいが、女性の気持ちも大事にしたい」として事態の沈静化に努めている。

 千羽鶴を贈る運動は、女性が1月15日、ネットの会員制コミュニケーションサイト「mixi(ミクシィ)」の日記で呼びかけた。7.5センチ四方の折り紙で、一人一つの折り鶴に限定して募集。全国に賛同者が広がり、1千羽以上が集まったという。

 女性には「『食糧不足の中で千羽鶴を集めてもしょうがない』という批判もあるけれど、悲しんでいる人たちに折り鶴を贈ることで、一人じゃないよという気持ちを伝えたい」という思いがあった。

 しかし、この運動が25日、別のサイトで紹介されると、直後からネット掲示板「2ちゃんねる」などで批判が続々と書き込まれ、非難コメントが殺到する“炎上”状態になった。

 あるユーザーは「ハイチの宗教では、鶴は『悪魔の化身』とされている。文化の違いを分かっていない」。別のユーザーからは「食べ物に困っている極限状態の現地に、折り鶴を贈っても意味がない」との書き込みがあった。

 批判はエスカレートし、女性のサイトにも1千通以上の中傷メールが届くようになり、女性のサイトは閉鎖に追い込まれた。

 支援関係者によると、ハイチ人の大半はカトリックだが、一部ではブードゥー教の慣習から、鳥は縁起が悪いととらえる地域もあるというが、真偽は不明。現地に詳しい識者によると、「ハイチで鶴は縁起が悪いととらえる宗教があるのというのは“偽の情報”の可能性もある」という。

 15年前からハイチで支援活動をしている関係者は「女性の気持ちに、あまり過激に反応しないでほしい」と話している。

【関連記事】
ハイチ復興でネット支援広まる 詐欺も横行ご用心
Twitterでつぶやくだけで募金 ハイチ地震支援で
ハイチ大地震 特別番組に大物歌手ら100人超集結へ
後絶たぬブログ、SNSでの“告白”
米中「ネットの自由」大炎上

平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承-協会けんぽ(時事通信)
首相官邸に届いた銃弾は鳩山首相あて 官房副長官が会見で説明(産経新聞)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
JR高崎線で人身事故、上下線で運転見合わせ(読売新聞)
<亀井静香氏>郵政「切り刻んだ」神戸・少年事件引き合いに(毎日新聞)

群馬県、八ツ場ダムの生活再建事業入札開始 政府は見直し示唆(産経新聞)

 政府が中止を表明している群馬県長野原町の八ツ場(やんば)ダム建設問題で、群馬県は1日、同ダムの生活再建事業の一つである「湖面1号橋」(同町川原湯地区~川原畑地区)の橋脚2基の工事の一般競争入札を開始した。3日まで電子入札方式で行われ、4日に開札、5日に業者を決定する予定。

 湖面1号橋をめぐっては、1月24日に開かれた地元住民と前原誠司国土交通相との意見交換会で、住民側が「生活再建に絶対に必要」と主張。これに対し、前原国交相は同橋建設への明言を避け、同月29日には、同省の三日月大造政務官が群馬県を訪れ、大沢正明知事らに入札見直しを示唆するなどしており、入札後に工事の中止が決まれば、混乱が生じる可能性もある。

 県特定ダム対策課などによると、湖面1号橋はダムをまたいで代替地間を結ぶアクセス道路で、事業主体は県だが、総事業費約52億円の約4割は国費でまかなわれる。大部分が未着工で、4基ある橋脚のうち、1基が着工されている状態。

【関連記事】
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
住民、にじむ不安「いつまで悩まされる」 八ツ場ダム意見交換
初対話で「中止」陳謝も住民との溝くっきり
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場 希望探す住民 一度沈んだ「ダムの底」 狂った人生「いつまで」

第2次補正予算案、参院で審議入り(医療介護CBニュース)
訪問介護、初回加算も医療費控除の対象―厚労省が事務連絡(医療介護CBニュース)
同じ型の靴底公開=時効まで半年-八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)
生後数日の女児を玄関先に置き去り 東京・大田区 (産経新聞)
8階から転落の4歳女児、奇跡的に軽傷 植え込みがクッション効果 東京・国分寺(産経新聞)
プロフィール

Author:さはらきはちろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。