スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅家さんに年金受給資格、通知書受け取る(読売新聞)

 足利事件で再審公判中の菅家利和さん(63)が年金受給資格を得ていることが23日、わかった。

 支援者によると、22日の再審第5回公判終了後、国民年金の支給に関する通知書を受け取ったという。

 菅家さんは、1991年12月に逮捕されてから昨年6月の釈放までの間、年金保険料の未納期間があったが、支援者が2003年に保険料支払いの免除申請手続きを取っていた。その結果、一部期間について支払いが免除され、25年以上の年金保険料納付などを条件としている受給資格を得たという。

ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 警官に追われ転落死(産経新聞)
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕-和歌山県警(時事通信)
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置-政府税調(時事通信)
「背中を刺された。苦しい」事件直後に電話するも…続く惨劇の説明(産経新聞)
スポンサーサイト

寝坊遅刻の郷田9段にボランティアなどの処分(スポーツ報知)

 日本将棋連盟は27日、第23期竜王ランキング戦1組で、自らの不注意のため不戦敗となった郷田真隆9段に対する処分を発表した。処分は〈1〉対局料は規定により支払わない〈2〉竜王戦の月額手当て年額(約100万円)の2分の1を返納することを勧告〈3〉ボランティアでの指導対局などファンへの奉仕活動1日―の3点。郷田9段は21日に予定されていた森内俊之9段との対局を、寝坊のため遅刻していた。

 米長邦雄会長は「棋士にとって対局は命です。その対局を遅刻により不戦敗とするのは言語同断です。今後、このようなことが二度と起きないよう各棋士に対して注意をいたします」とのコメントを発表した。



 【関連記事】
日本将棋連盟 郷田真隆 奉仕活動 を調べる

種子島で震度4(時事通信)
移設反対の稲嶺氏が当確=辺野古案、実施困難に-名護市長選(時事通信)
<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)
GM、ウィッテーカー会長がCEOに正式就任(レスポンス)

阿倍野で民家火災(産経新聞)

 28日午前0時45分ごろ、大阪市阿倍野区共立通の無職、小川しずえさん(87)方から出火、木造3階建て延べ150平方メートルのうち2、3階の約100平方メートルを焼いた。けが人はなかった。

 阿倍野署によると、小川さん方は6人家族。小川さんの娘(46)と娘の長男(18)がトラブルになっていると家族から通報があり、同日午前0時20分ごろから、同署員2人が小川さん宅で事情を聴いていたところ、2階の和室にあるガスストーブから「ボン」という音とともに出火したという。

 署員は水でぬらした毛布などで消火しようとしたが消えず消防に通報。同署で詳しい出火原因を調べている。

【関連記事】
大阪・城東区で民家火災、足の不自由な59歳死亡
大阪市で住宅火災相次ぐ
民家全焼、浴室で67歳女性?死亡 大阪・茨木
岐阜の民家火災で女性死亡 足不自由で逃げ遅れか
警察官の目前で放火容疑 直前の火災との関連捜査

副反応0.01%で変わらず―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
「引きずる感覚あった」=逮捕の男供述-北海道警(時事通信)
3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
トリアージへの診療報酬上の評価は時期尚早―日医(医療介護CBニュース)
自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)

<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)

 東京都足立区教育委員会は22日、今月15日に行われた都教委の学力テストで、区立竹の塚中の教員が誤答部分を指さして生徒に再考を促すなどの不適切な行為があったと発表した。

 区教委によると、1年生のクラスで実施した数学の試験中、試験監督の男性教員(41)が生徒に、誤答部分を指さしながら、「解き直しをした方がいいんじゃないの」と促したり、別の生徒2人にも「問題よく読んだ? 問題にない数字を書いてるんじゃないの」と指摘するなどした。

 都や区に保護者を名乗る電子メールが寄せられ発覚。男性教員は区教委に「子供の力を最大限に引き出してあげたかった」と説明したという。会見した鈴木一夫区教委学校教育部長は「学校教育の信頼を損ねたことをおわびする」と謝罪した。

 足立区では、04年度の都の学力テストで点数が23区で最下位となり、06年にテストの成績などに応じ学校予算を傾斜配分する方式を決め、話題となった。だが、都や区の学力テストで、区立小の校長や教諭が指さして誤答部分の再考を促していたことが翌年発覚。予算の傾斜配分も取りやめられた。【小泉大士】

爆破予告、容疑で中学生逮捕=入間市の小、中全校が休校-埼玉(時事通信)
小沢氏問題 予算成立遅れ懸念 東北各県知事、捜査の在り方賛否(河北新報)
<常用漢字>2次試案への意見 文字の追加や削除で244件(毎日新聞)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上(産経新聞)

花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響-環境省(時事通信)

 環境省は22日、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年並みか例年よりも少なくなる見通し。昨夏の日照不足や低温などが影響した。
 飛散量が比較的多かった昨シーズンと比べると、一部地域を除き、東日本では20~50%程度、西日本では20~60%程度になると予測している。
 スギ花粉の飛散開始日は、東日本では例年より数日から1週間早く、西日本ではやや遅くなる見込み。関東や四国、九州では2月中旬ごろ飛散が始まり、東北南部、近畿、中国は2月下旬、北陸は例年並みの2月下旬から3月上旬、東北北部は3月上旬ごろになりそう。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
ドコモが大気情報提供サービス=基地局で花粉、CO2など測定
三菱重工、ウイルスの増殖抑える高性能マスク開発=酵素や尿素を織り込む
来春の花粉飛散、少なめ=真夏の低温が影響か

【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(4)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)
田中元検事、二審も実刑=9000万円詐取-大阪高裁(時事通信)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
<脱税>秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサルタント事件(毎日新聞)
青森県で震度4(時事通信)

国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)

 ハイチ大地震は18日で発生から1週間が過ぎた。同国のベルリーブ首相はこの日、家屋が全壊するなどの被害を受けた市民が150万人にのぼるとの見通しを明らかにした。被害が拡大する中、被災者の怒りは有効な対応ができなかったハイチ政府自身に集まっている。国連平和維持活動(PKO)を通じた政府機能の再建という試みが軌道に乗り始め、自立への一歩を踏み出そうとしていた矢先の大惨事。当事者能力を失った政府に代わり、国際社会はさらなる関与の拡大を迫られている。

 目の前に倒壊した大統領府を臨む首都ポルトープランス中心部の広場。一家でテント生活を強いられているジャン・マッケンジーさんは18日、「地震から1週間たっても、政府から水1本の支援も届かない。国連は、事務総長が大統領と会うより、直接被災者に支援物資を配るべきだ。さもなければ、すべてが横領されかねない」と怒りを込めて政府を批判した。

 ポルトープランスでは同日、崩れた大学校舎のがれきの下から6日ぶりに23歳の女子大学生が救出された。米CNN(電子版)が伝えた。携帯電話のメッセージで救助を求め、ペルーの救援隊に発見されたという。こうした朗報の一方で、被災者の不満や怒りはさらに増幅している。

 「西半球の最貧国」という形容がすっかり定着した昨今のイメージからは想像しにくいが、かつてハイチは地域の有力国のひとつでもあった。1975年12月、のちの米国大統領と国務長官のカップルとなるクリントン夫妻が新婚旅行先に選んだのは、カリブ海のリゾートとして高い人気を誇っていたハイチだった。

 当時、ハイチは1957年から続く軍事独裁体制下にあった。86年、父親から独裁を引き継いだデュバリエ大統領が国外に脱出し、独裁に終止符が打たれると、不安定化した政情が皮肉にもハイチを次第に貧困に追いやった。

 こうした中で、国際社会が選んだのが、PKOの国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)による国家機能の再建という道だった。2004年から始まったこのPKOについて、国連外交筋は「順調に成果が上がっており、PKOの中でも成功例とされていた」と指摘する。中心課題とされていた治安維持についても、1万人規模のハイチ警察の育成に着手。ようやく成果が見えだしていたところだった。

 MINUSTAHの一員としてポルトープランスに駐留するブラジル軍部隊のアラン・サンパイオ・サントス大佐は、ハイチ警察について「首都の治安維持を担当するブラジル軍と合同で実務にも参加するところまで来ていたが、地震の後は雲散霧消してしまった。われわれ国際社会の部隊はいつかハイチを去らなければならないが、その時期が大きく遠のいたことは間違いない」と話す。

 ハイチの政権に対する国際社会の評価も厳しい。ハイチを視察したことがある国連関係者は「指導者に、どうすれば国を豊かにできるかという視点がない。今回の地震の結果、これまで以上に国連の活動を拡大する必要が出てくることはまちがいない」と話す。

 1804年にフランス革命の影響を受けた解放黒人奴隷による反乱を成功させ、中南米で初めての独立、そして世界初の黒人国家樹立を成し遂げたハイチ人の気位の高さは、衆目の一致するところだ。一方で、そのプライドが国家再建の足を引っ張っているという見方も少なくない。

 ハイチ支援を話し合う国際会議が25日にも開かれる見通しとなり、新婚旅行以来ハイチには特別な思い入れを持ち続けているというクリントン国務長官が、国連ハイチ担当特使を務める夫のクリントン元大統領とともに支援をリードする。国際社会からの支援が結集されつつある中で、ハイチ政府は今度こそその存在意義を問われることになる。(ポルトープランス 松尾理也)

【関連記事】
ハイチ大地震で学校施設の半数全壊 心のケア、再生の課題に
ハイチ大地震で「ドクター記者」活躍中 外科手術も
ハイチ大地震 携帯メッセージで6日ぶりに女子大生救出
ハイチ大地震 豪、援助額を8億4千万円に倍増
最貧国コンゴがハイチ支援 

「アングラ」文化の歌手 浅川マキさん急死(産経新聞)
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換(産経新聞)
痴漢で起訴の愛知県職員に無罪…繊維鑑定シロ(読売新聞)

<衆院>代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件の捜査が進む中、19日始まった衆院代表質問。「政治とカネ」の問題を攻める野党と、守る民主党双方の議員が激しいヤジ合戦を繰り広げた。質問する野党幹部と鳩山由紀夫首相の声は、絶え間ない罵声(ばせい)にかき消されがち。傍聴席からは「議論の中身が聞こえない」とあきれる声も上がった。

 最初に質問に立った自民党の大島理森幹事長が、冒頭から鳩山首相の偽装献金問題と陸山会の事件に触れると、民主党議員席からは「自分のすねに傷はないのか」「疑惑を受けて農相を辞任したのはお前だろう」と激しいヤジが飛んだ。

 これに対し、野党議員は登壇した鳩山首相に「ドラ息子」などと応酬。答弁の最中も「金で権力を取ったんだろう」「お前のやったことは脱税だ」などと罵声を浴びせ続けた。

 約200人が詰めかけた傍聴席には、質問も答弁もほとんど届かない状態。しばらくすると、首をかしげながら席を立つ人も多かった。東京都杉並区の主婦(52)は「肝心の政策の話が聞こえない。国民の代表としてはちょっと恥ずかしい」とあきれ顔だった。

 小沢幹事長は開会30分後の午後1時半ごろ議場入り。ほとんど無表情なまま、次に質問した公明党の斉藤鉄夫政調会長への答弁が終わると、約1時間で退席した。【篠原成行、内橋寿明】

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」-代表質問始まる(時事通信)
バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
JR西運転士を現行犯逮捕=女子高生のスカート内盗撮-滋賀県警(時事通信)

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件を受け、幹事長の「表向きの仕事」を小沢氏に任された輿石東(あずま)幹事長職務代行(参院議員会長)。73歳にして党務NO2に上り詰めた「日教組のドン」は、小沢氏の擁護に向け、さっそく党内を走り回っている。

 輿石氏は19日午前、東京・赤坂の小沢事務所に駆けつけ、小沢氏に「党は一致して支える」と伝えた。その後、集まった記者団に、自身のホームページに寄せられた小沢氏激励のメールのコピーを配布してみせた。

 「小沢一郎は日本の宝です」と書かれ、「自民支持者がネット等で名前を変えたり、複数の端末を使い、さも多くの国民が非難しているようにしたりします」と自民党による世論操作を勘ぐる内容もあったが、輿石氏は同じものを18日の政府・民主党首脳会議でも配布した。

 一方、小沢氏は19日午後、衆院本会議に出席したが、途中で議場を抜け出して国会内で羽田孜元首相と会談。羽田氏が「オレとお前は一心同体だ。羽田グループとして全力で支える」と激励すると、小沢氏は「ありがとう、ありがとう」と繰り返したという。

【関連記事】
小沢幹事長が輿石代行と会談 党代議士会では笑い声も
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
辞任論封じ込めへ小沢幹事長、特捜尻目に参院選へ気勢
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
小沢氏、幹事長続投へ 「戦いに専念」、職務は輿石氏が代行

小沢氏の政治資金問題 本格政権を目前にしたハードル(産経新聞)
妻かくまう義母に殺意 大阪・発砲男 重体男性も死亡(産経新聞)
鳩山首相「権力でメディア歪めるつもりない」(産経新聞)
<殺人>別の男性殺害も供述 宮城県警に強殺罪の被告ら(毎日新聞)
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目-東電(時事通信)

知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)

 知人女性とその子ら計4人を車で連れ回し、女性の夫に身代金500万円を要求したとして、広島県警海田署は14日、広島市安佐北区可部、無職寺本光希容疑者(24)を身代金目的略取の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、寺本容疑者は、知人のパート従業員女性(25)と女性の女児3人(4歳、2歳、0歳)を、女性の乗用車に乗せて13日午後6時頃から同市内で連れ回し、さらに女性の夫(25)に、「警察に言うと家族の命がないぞ」などと女性の携帯電話からメールを送信して500万円を要求した疑い。

 同区内のホテルにいた寺本容疑者と女性らを捜査員が見つけ現行犯逮捕した。寺本容疑者は、凶器などは持っておらず、女性と女児らにけがはなかった。

捜索で議員会館から段ボール40箱=鹿島本社、小沢氏事務所も-東京地検(時事通信)
地球温暖化防止応援団に加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら(産経新聞)
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響-海洋機構や東大など(時事通信)
重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
中学生は即戦力、防災担い手を育てる動き(読売新聞)

<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)

 15日午前3時10分ごろ、東京都世田谷区の小沢一郎民主党幹事長宅近くの路上で、液体が入った瓶に火をつけようとした自称右翼団体の男が警戒中の機動隊員ともみ合いになり、警視庁玉川署が公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。

 警視庁によると、男は大田区大森南、塗装業、津久井寛幸容疑者(40)。

 津久井容疑者は小沢幹事長宅近くに車で乗り付け、「小沢に会わせろ」などと叫び、24時間体制で警戒中の機動隊員に取り押さえられた。

【関連ニュース】
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書
陸山会土地購入:鳩山首相、小沢幹事長の続投認める
陸山会土地取引:「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部

【いきもの秒写】アムールトラ 大阪市・天王寺動物園(産経新聞)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
将棋 久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)

宮城刑務所で129人が吐き気 ノロウイルスに集団感染か(産経新聞)

 宮城刑務所(仙台市若林区)に収容中の受刑者129人が吐き気や下痢の症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたことが14日、分かった。重症者はなく、全員が快方に向かっているという。

 同刑務所と仙台市によると、3日に受刑者3人が下痢や吐き気を訴え、刑務所の医師の治療を受けたが、その後、発症者が増加。刑務所から連絡を受けた市若林保健所が調査したところ、発症者からノロウイルスが検出された。市は感染性胃腸炎の集団発生とみて調べている。

【関連:食の安全】
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
バレー大会参加の高校生ら74人が胃腸炎 宮城
旅行先の鹿児島・喜界島で釣った魚で食中毒 兵庫の女性ら5人
もちを詰まらせ? 公園で男性死亡 蕨
こんにゃくゼリー、危険性はモチの次「アメと同程度」

行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」-福島(時事通信)
若い男が小沢幹事長に罵声「辞職しろ!山形帰れ!」(スポーツ報知)
首相動静(1月9日)(時事通信)
<訃報>大塚恵香さん89歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
「密約」取りまとめ延期=外相経験者から聞き取りも-有識者委(時事通信)
プロフィール

さはらきはちろうさん

Author:さはらきはちろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。